ポスターの長期保存方法

ポスターをきれいな状態で長期保存する方法とは?

ポスターのほとんどは短期間の活用を前提に作られています。特定のイベントを宣伝するために作る,一定期間のセールをアピールするために作られることが多いため,使用期間は長くても2~3ヵ月,目的を達成した後は剥がされて破棄される,基本的には消耗品です。

長期保存の目的―コレクション

しかし宣伝として利用する側としては消耗品ですが,楽しむ側にとっては大事なコレクションにもなります。楽しかったイベントの思い出の品とて,さらに好きなアイドルやタレント,キャラクターをイメージキャラクターに使用した場合には最初からコレクションの対象として入手することになるでしょう。そのほかスポーツや映画のポスターもファンにとっては長く大切に保管しておきたい対象になります。

消耗品であるポスターを長期保存する

この作り手と集める人たちの間の意識の違いはポスターの長期保存の問題を引き起こすことがあります。消耗品として作られているわけですから長期の保存を前提にしておらず,経年による劣化がどんどん進んでしまうのです。これはポスターの種類や制作方法によっても異なりますが,早い場合は1年もしないうちから劣化が目立ち始め,どんどん状態が悪くなってしまいます。

最も大切なのは,光を当てないこと

では,できるだけきれいな状態で長期間保存するにはどうすればよいのでしょうか?最大のポイントは「光に当てない」ことです。屋外で掲示することも多いポスターは光の退色をある程度防ぐことができますが,それにも限界があります。何年も光を浴び続けているとどうしても色が褪せてしまい,劣化の最大の要因となります。資料館や居酒屋などでレトロなポスターを見ることもありますが,そこで見られる劣化の多くが色褪せです。

ですから光をできるだけ当てない環境で保存するのがもっときれいな状態で長持ちさせるポイントとなります。理想としては日ごろは壁に展示するようなことはせずしまっておいた方がよいでしょう。

広げた状態での保存も効果的

それから広げた状態で保存するほうが持ちがよくなります。丸めたまま保存したほうがスペースをとらずによいのですが,ポスターを広げて展示するために作られたものですから,その状態で保存した方がきれいな状態を保つことができます。

この点に関してはちょっとお金がかかりますが,ポスターパネルやジグソーパズル用のパネルを用意してそこに広げて保管すると長持ちします。ポスター1枚ごとにパネルを用意する必要はなく,3~5枚くらいをまとめて収納しても大丈夫ですが,その際にはポスター同士を密着させずに紙をはさむのを忘れないようにしましょう。

関連記事

  1. 企業ポスター

    その他

    ポスターを用いて企業のイメージを消費者に植え付ける方法

    企業ポスターはその企業の認知度を高めると共に,その内容によっては消費者…

  2. ポストカードをポスターにする方法

    その他

    ポストカードやL版写真を大きなポスターにする方法

    お気に入りのポストカードや大切な思い出のL版写真など,大きく引き伸ばし…

  3. オンデマンド印刷とオフセット印刷

    その他

    オンデマンド印刷とオフセット印刷-それぞれのメリットとデメリットとは?

    ポスターをはじめチラシなどの印刷物ではオンデマンド印刷とオフセット印刷…

  4. ポスターを曲げずに送る

    その他

    ポスターを曲げずに郵送する方法

    A3サイズくらいのポスターになると郵送する際にどのように送ればいいのか…

  5. 販促ポスター

    その他

    販促で用いるポスターの活用方法をご紹介します

    新聞折り込み広告などの1枚チラシは一般認知度も高く販促ツールとしてはな…

  6. 丸まったポスターを伸ばす

    その他

    丸まったポスターをきれいに伸ばす方法を教えます

    大きなポスターは丸めた状態で保管するのが一番場所をとらず劣化を防ぐこと…

  1. 現代演劇ポスターコレクション

    種類

    現代演劇ポスターコレクションの数々をご紹介します
  2. インテリアとしてのポスターの飾り方

    掲示

    ポスターの飾り方-インテリアに欠かせない工夫を教えます
  3. 効果的なポスターの特徴

    デザイン

    効果的なポスターにみられるデザイン的な特徴とは?
  4. 未だに人気の高いアイドルポスター

    種類

    未だに注目を集めるアイドルポスター-その人気の理由とは?
  5. ポスターを曲げずに送る

    その他

    ポスターを曲げずに郵送する方法
PAGE TOP